『大イチョウにデッキを!』第2弾「組み立てる」

◼️はじめに
今年の黄葉までの完成を目指して、大イチョウの観覧デッキをDIYで製作していくワークショップを開催いたします。

◼️今回のテーマ
第2弾としまして前回、山から切り出した丸太を使用して、大イチョウへと続く『木道』、観覧用の『ウッドデッキ』を作っていきます。(山の上で作業を行います。)
丸ノコを使っての木材切断、インパクトドライバーを使ってデッキを組立てるといった作業がメインになりますので、DIYに必要な基礎的な工具の使い方を学ぶことができます。

◼️スペシャルゲスト
ゲストとしまして、丹波篠山市から小崎 慎也さんをお招きします。
(小崎さんは、住居として使用可能なツリーハウスをDIYでイチから製作され、現在そのツリーハウスで実際に生活をされておられます。)
【小崎慎也さん】
https://www.facebook.com/profile.php?id=100008624863771
小崎さんに超実践的なDIYテクニックなどを教えてもらいながら、参加者全員で作り上げていくワークショップです。

◼️
DIY初心者の方から上級者の方まで、楽しんでもらえる内容になっております!
参加ご希望の方は、参加ボタンを押してもらうか、藤田までDMでご連絡ください!
皆さまのご参加をお待ちしております♪

◼️日程
8月20日(土)
◼️時間
9時00分〜16時00分(途中退席、途中参加も自由)
◼️場所
常瀧寺 青垣町大名草481
(無料駐車場25台)
◼️参加費:無料
◼️持ち物
・作業用手袋
・お弁当
・飲み物
※インパクトドライバーをお持ちの方は可能であれば持参していただくとありがたいです。
◼️服装
・ヒルに注意した服装
・長そで長ズボン
・汚れてもいい服装
※この時期ヤマビルが出ますので、出来るだけ長そで長ズボンでお願いします。暑いですが中にタイツを履いておくと、ヒルの侵入を防げるのでおススメです。
忌避剤、塩、消毒液などは用意しています。
※前回切り出した丸太以外の木材は、株式会社 木栄様よりご提供いただきました。

◼️監修
小崎慎也
兵庫県樹木医会 宮田和男
◼️責任者
常瀧寺の大イチョウ再興プロジェクト
藤田翔太

◼️協賛:株式会社 木栄

◼️天然記念物の保護と活用
私たちは今後もっと多くの人に大イチョウを見てもらいたいと考えています。参拝者が増えれば、根を踏み荒らしてしまわぬように、これまで以上に根を保護することが必要です。参拝者にとっては大イチョウをより近くで観覧できることで、より魅力を感じてもらえる。それが大イチョウへの愛着や、地域への愛着へと繋がればと思い、天然記念物の保護と活用という両面から考え、今回デッキの設置を決めました。
インスタグラム
https://www.instagram.com/joryuji_icho
ホームページ
https://joryuji-revival.com 表示を縮小

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。